過重労働

日本には労働基準法という法律があり、過重労働はさせてはならないことになっています。
労働基準法第36条には以下のように書かれています。
「・休憩時間を除いて、一週間に40時間を越える労働をさせてはならない
・一週間の各日は、休憩時間を除いて一日に8時間を越える労働をさせてはならない」
しかしながらこれを超えて労働している企業がほとんどなのです。

これを負わされる社員は一般的には過重労働をしていることになります。
大企業は労働組合があったり、労働基準局の監査が入るなどして36協定の実施で例外的に許可されるものもありますが、中小企業では36協定もなく残業代も支払われない、過労働で体調を壊しても会社は何も保証してくれない、といったところも数多く存在します。

こうした企業の部品となって一生を台無しにするよりも、体調を優先し、長く働けるようにしましょう。過労働しなければならない時期、と言うのは一年のうちで何回かありますが(これは企業に勤める限り仕方がないことです)、体調が悪いのに仕事を共用する企業はさほど多くありません。

もし、それでも過重労働を強いてくるならば別の会社に就職したほうが良いでしょう。
体調を壊しても、会社は知らん顔すると、明言しているようなものです。